社労士/社会保険労務士鈴木労務経営事務所(東京都新宿区)

社労士/社会保険労務士へのご相談はこちら

退職者フォロー

■退職者に対するフォロー

労使紛争のなかには、退職した労働者を発端としているものも少なくありません。

前述のように、労働者というのは、働いているうちは会社に対し表立って不満を言うことはまずありません。むしろ、退職してから不満を爆発させることのほうが圧倒的に多いものです。また、退職者を発端としたトラブルにより在職中の労働者の不満まで喚起されるという危険性も含んでいます。

さて、そもそも、退職されるということは、退職者は会社に対して何らかの不満を抱いている可能性が高いということができます。そのような退職者を「過去の人」という認識で捉えていては、思わぬトラブルの元となりかねません。

退職者については、在職者と同等かそれ以上に配慮し、アフターフォローを行うことがトラブル防止に直結します。

それにより、退職者が

  • [1] 退職後に会社を相手取り民事裁判を起こす
  • [2] 退職後に労働基準監督署または労政事務所に駆け込み申告をする
  • [3] 退職後、在職中に知り得た貴社についての秘密を流出する
  • [4] 退職後、外部に貴社についての悪評を流す

といったリスクを最小限にくい止めることができます。

当事務所では、退職者に対して、退職後の生活全般について必要なアドバイスを提供させていただきます。それが、退職者に「いい会社だった!」という印象を持って“気持ちよく”退職していただくことにつながります。

大企業と異なり、中小企業においては、なかなか退職した従業員のことまでフォローするという習慣がないものですが、これを行なうのと行なわないのとでは従業員本人の会社への印象は大きく異なります。

フォロー内容
▼再就職が決まっていない人
・雇用保険の失業等給付の説明
・健康保険の継続療養制度・任意継続制度の説明
・国民健康保険や国民年金(免除申請含む)の手続きの説明
・税金(所得税・住民税)の説明
・再就職の援助

▼再就職が決まっている人
・再就職にあたっての社会保険・税金の説明
・再離職する場合を想定し、上記と同様の説明

▼定年退職者
・高年齢雇用継続給付と在職老齢年金についての説明
・年金の受給手続の説明

退職者フォローに関するご相談はこちらからどうぞ

労務監査および組織調査

料金一覧

業務案内一覧に戻る